NEWS&BLOG

WHAT IS “1733” ?

OTHER BRANDS |

みなさまこんにちはショーゴです。8月も終わるということで、もう店頭で半袖は着れないな…と思っていたのですが、今朝の天気予報を見て今年最後の半袖を許してしまいました、甘えです。外に出たくなくなるような灼熱の日差しですが、店内では冷房を効かせながら少しずつ秋冬の準備を進めています。
新たにブログで取り上げたいシャツや羽織りモノもありますが、せっかくのバッグイベント期間中ですので本日も新入荷のバッグブランドをご紹介させてください。

【1733 (SEVENTEENTHIRTYTHREE)】
米シカゴを拠点とするキャリープロダクトブランド。デザイナーのPhil Schadeは枕や鍋敷き、ソファの張りなど身の回りの家財道具を作りながらミシン技術を独学で学んでいました。
はじめはただの趣味であった手芸ですが、もともとスニーカーや革靴のデザインについて考えることが好きだった彼は、ものづくりのスキルを身に付けて自身で作品を作りたいと強く考えるようになります。
夢を実現させるために鞄の製作技術を本格的に学んだ後、自身の手でデザインから製作まで手掛けるという形で2014年にブランドを設立します。

彼の実家であり、工房の様子です。非常に面白いのはブランドとして幅広いラインナップで展開しているのにも関わらず、現在でも製品のデザイン・裁断・縫製の業務の内80%程度をデザイナー本人が手掛けているというところ。ものづくりがしたいという創業者の強い思いが生んだブランドであるからこそ、その形態が変わっていないことにワクワクします。
そして”1733”はデザイナーの生家の番地に由来しており、今でも実家兼工房。ブランド名の由来って様々ですが、単純だからこそ格好良い。

そんな1733から今回ご紹介するのは、ツートーンの切り替えが特徴的なコーデュラナイロンのバッグシリーズ2型2色ずつ。


POCKET TOTE in FOREST*NAVY in 22,000 in-tax

主役はその名の通り外側に大き目のポケットが取り付けられたトートバッグ。斜めに切られたポケットが前と後ろで計4つ、水筒を持ち歩く人間としては非常にありがたい収納力ですが、一番嬉しいのは”ハンドルの短さ”で満場一致でしょう。なかなか見つからない小さいハンドルが付いた大きいトート、ユーソニアンなシャツスタイルにも実にフィットするビジュアルです。

肉厚なスウェットを放り込んでもこの通り、マチが広いので大容量。重くなったらショルダーストラップで肩掛けにしましょう。


POCKET TOTE in COYOTE*RUST in 22,000 in-tax

色違いがコチラ。70~80年代くらいのオールドアウトドアを思わせる配色。丈夫で水もはじくコーデュラナイロン、キャンプなんかで使うのにも良さそうです。


WASTE POUCH in COYOTE*RUST 8,580 in-tax

同じ配色のウェイストポーチ、WAISTじゃなくてWASTE。さっきのトートバッグを生産した際の端材で作っているとのこと、サステナブル。

横幅20cm弱の非常にコンパクトなウェイストポーチは自転車乗りにもありがたいサイズ、とカイが言っていました。

ケータイ、財布、鍵で丁度良いサイズです。バックパックやトートバッグにドッキングするのも良いかも。


WASTE POUCH in FOREST*NAVY 8,580 in-tax

もちろん色違いでフォレスト×ネイビーもご用意しています。後ろのコンストラクションワーカーポプリンが眩しい…
ちなみに可愛らしい1733のブランドロゴはデザイナーの兄が作ったとのこと、手作り感が良いですね。

隠れたファンも多い?と噂の1733、少数入荷ですのでお早めに。
ご来店お待ちしております。

ショーゴ

気になるコッチはまた今度!

-CONTACT-

☎:03-5410-1776

✉:info@usoniangoodsstore.com


-SISTER STORE BLOG-

MAIDENS well-made by MAIDENS SHOP MAIDENS SHOP WOMEN

2021/08/28